球根から始めるガーデニング|満開のチューリップを咲かせる

メンズ

球根の種類と選び方

植物

球根の種類の内、チューリップなどの球根のことを鱗茎と呼びます。チューリップの生育を行う際には、より鱗茎を選ぶことが重要なポイントの一つとなるのです。より良い鱗茎を選ぶ時には、手で触り目で見て判断する必要があるでしょう。

もっと読む

必要材料と土づくり

フラワー

チューリップの生育を行う際には、深型コンテナや専用肥料、培養土、チューリップの球根等の必須材料を準備する必要があります。また、球根を植えこむ前に専用肥料と培養土を用いて土づくりを行いましょう。

もっと読む

植え込みの注意点

庭

チューリップの球根を植えこむと時には、少し深い位置に植えることで根の力によって球根が地上に押し出されてしまうのを防ぐことができます。そういったポイントの他にも、植え込みには幾つかの注意点が存在するのです。

もっと読む

球根植物について知る

庭

多くの人の中に、ガーデニングを始めてみたいと考えている人が少なからずいるかと思います。しかし、生育する植物によっては初心者では難易度が高く枯らしてしまうものも存在します。初めてガーデニングを行う際には、球根植物の生育がお勧めです。球根植物というのは、文字通り球根の状態から生育する植物です。その生育を行う前に、球根がどういったものなのかを知っておきましょう。多くの人は、球根を種子の一種だと考えているかと思います。実は、球根は種子の一種ではありません。種子というのは受粉によって生み出されるものですが、球根は植物の茎や根に養分が溜まって肥大化した貯蔵器官なのです。また、大根やカブといった根っこが肥大化する植物が存在しますが、それらは球根として分類されません。球根して分類される植物というのは、貯蔵と繁殖、休眠期、生育期のあるものである必要があるのです。
この植物がガーデニング初心者の人に向いている理由というのは、休眠期と呼ばれる機能にあります。休眠期というのは、この貯蔵器官が生育していくのに最適でない環境に置かれている時に発生します。休眠期に入ると一切根が伸びることがなくなり、生育に関する機能が全て停止します。そして、生育に最適な環境になると、生育と繁殖を行うようになるのです。つまり、初心者であっても枯らすことなく比較的容易に咲かせることができるということでもあります。こういった植物というのは、チューリップの他にもアマリリスやヒアシンス、その他にも様々な種類のものが存在します。